二重まぶた、埋没法、眼瞼下垂の情報サイト
二重まぶた総合サイト|慶友形成クリニック
TOP[トップ]GUIDE[クリニックのご案内]FEATURE[クリニックの特徴]PRICE[料金]FAQ[ご質問]SITEMAP[サイトマップ]
まぶたの基本構造二重まぶたとは二重まぶたの作り方まぶたの形状についてモニター体験メール相談
 
二重のトップ > まぶたの基本構造

まぶたの基本構造


まぶたの働き

まぶたの仕事は大きくわけると3つの働きがあります。

1.外部の刺激などから眼球を保護する。2.眼球に潤いを与えてほごいする。3.表情を作る。
 
1. 外部の刺激から眼球を保護する。
まぶたを閉じたり、ひらいたりすることで、ゴミが入るのを防いだりする働きです。シャッターと同じ働きと考えて下さい。また、寝ているときなどには目の乾燥を防ぐ働きもあるのです。
 
2. 眼球に潤いを与える。
いわゆるまばたきで潤いを与えているのです。これはまぶたの縁に脂分の分泌線が開いていて、まばたきをすることで涙と一緒に脂分を補充しているんです。涙を全体にゆきわたらせると、排出口になる涙点へ運びます。
 
3. 表情を作る。
ここで一番美容的に問題になるのが、表情についてです。まぶたは感情を表現するだけではなく容姿についても大きく関わってくる大切な部分なのです。
 

まぶたの構造  
まぶたは、表面から皮膚、眼輪筋、マイボーム腺、瞼板、結膜で構成されています。まぶたを持ち上げるという動作は眼瞼挙筋という筋肉の収縮によって瞼板が持ち上げられて開くのです。厚ぼったいまぶたの原因には2通りあり、眼窩脂肪が多いタイプと皮下脂肪及び眼輪筋が厚いタイプとがあるのです。当然、両者が厚い場合もあります。 瞼の構造

24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
 
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.