医師紹介

Doctor
TOP > ドクター紹介

医師紹介

Doctor

二重まぶたの治療を受ける前によく考えて欲しいこと

美容外科の治療にはさまざまなリスクを伴います。私たちは常に安全で効果的な美容外科手術だけを提供していますが、手術という性質上、リスクをゼロにすることはできません。もちろん、ゼロにする取り組みはおこなっています。治療に対する妥協もありません。常に最善の結果を導き出せるよう努力しています。

あなたに考えて頂きたいことと言うのは、二重まぶたの整形を受けてしまうと元には戻せないと言うことです。外科手術ですから一度受けてしまうと元には戻せません。だからこそ何より慎重に考えて二重まぶたの手術を受けて頂きたいのです。残念ながら二重まぶたの手術を受けて経過も良好で自然で美しい二重まぶたを手に入れたとしても、治療を受けたことへの後悔を感じてしまう方も少なからずお見えになります。

また、美容整形によって二重まぶたに変わったとしても見慣れてしまいもっと幅を広くしたい、目を大きくしたいと言う想いが生じる方も少なくありません。美容整形というのはメイクではありませんし、魔法でもありません。過剰な演出や過矯正は不自然な仕上がりになるだけではなく、最悪の場合、何らかの障害を発生する可能性を秘めているのです。

最近のメディアの傾向として、美容整形の手軽さが強調されていますが、決して手軽に簡単に受けるものでは無いのです。美容整形によってキレイに変われるということは間違いありませんが、決して手軽に受けるようなことではありません。美容整形によって二重まぶたに変わることはあなたのこれから先の人生にも大きな影響を与えることになるということをしっかりと考えて受けて頂きたいと考えています。

医療法人社団 慶友形成クリニック 理事長 蘇雅宏

慶友形成クリニックの専門医のご紹介

— 美容外科専門医

理事長 蘇 雅宏(So Masahiro) 出身地:台湾

(経歴)
東北大学医学部卒業
慶應義塾大学医学部形成外科勤務
茨城県水戸協同病院形成外科勤務
慶應義塾大学医学部形成外科助手
神奈川県平塚市民病院形成外科
船堀慶友形成クリニック
医療法人社団 慶友形成クリニック
医療法人社団 慶友形成クリニック神戸
(現)慶應義塾大学医学部形成外科(美容外科)非常勤講師
特定認定再生医療等委員会(第1種・第2種)設置者
認定再生医療等委員会(第3種)設置者

(資格)
日本美容外科学会専門医(JSAPS)
日本形成外科学会専門医
日本レーザー医学会認定専門医

(学会)
日本形成外科学会正会員
日本美容外科学会正会員
日本抗加齢医学会正会員
日本口蓋裂学会会員
日本マイクロサージャリー学会会員
日本再生医療学会所属
日本組織培養学会所属


Profile
東北大学医学部卒業後、慶應義塾大学医学部形成外科に入局。
慶應義塾大学病院、平塚市民病院などで形成外科専門医として経験を積み重ね、大手美容外科クリニックで美容外科の技術を習得する。2000年に美容外科を専門とした船堀慶友形成クリニックを開設、のちに医療法人社団 慶友形成クリニックとしてTOKIビルのフロア半分を美容外科、美容皮膚科の専門クリニックとして拡張する。
二重まぶたの中でも眼瞼下垂の手術「挙筋前転法」をライフワークの一つとし、数多くの治療実績を積み重ね美容雑誌等で「国内最高水準の治療技術を持つ医師」、「医師が通うならこのクリニック」などでも紹介され、眼瞼下垂の名医として称される。
また、慶應義塾大学医学部形成外科時代から肌再生を研究してきたことから、2006年クリニック内に細胞培養加工プラントを設立し、線維芽細胞を用いた肌の再生医療、培養研究を開始し、線維芽細胞移植術を日本国内でも早期に導入し多くの臨床研究を積み重ね、再生医療として提供を可能とした。再生医療法の適応に準じた内容で厚生労働省からも治療提供の許可を得る。
現在、医療法人社団 慶友形成クリニック理事長、慶應義塾大学医学部形成外科非常勤講師(美容外科学)、慶友形成クリニック神戸院長、特定認定再生医療等委員会(第一種・第二種再生医療)、認定再生医療等委員会設置者(第三種再生医療)。