二重まぶたの作り方

TOP > 二重まぶたの作り方

二重まぶたの作り方

How to make

二重まぶたの作り方
まぶたのための二重まぶたになる方法

パッチリとした二重まぶたになりたい、もう少し二重まぶたの幅を広げたい。でも私には無理なこと。一生一重まぶたのまま過ごさないと… と諦めていませんか。そんなあなたの想いを実現するために「二重まぶたの作り方」についてご紹介します。 二重まぶたの作り方は大きく分けて2つあります。それはメイクで二重まぶたを作るか、美容整形・美容外科で二重まぶたを作るかの2つです。 ここではそれぞれのメリッ・デメリット、どうして美容外科での二重まぶたをオススメするのかその理由をご紹介します。

— 二重まぶたの作り方


/メイクで二重まぶたを作る
メイクで二重まぶたを作る方法というのが多くの方が経験されている二重まぶたの作り方でしょう。その方法は二重まぶたのライン状に糊の成分を塗ることで擬似的な二重まぶたを作る方法です。もちろん、この方法でも二重まぶたにはなれます。
誰でも簡単に導入できる二重まぶたの作り方ですが、一定の技術が必要ですし、上手な方は自然ですが、メイクの得意不得意で大きな差を生み出します。

メリット
メイクで二重まぶたを作る方法のメリットは手軽さだけです。メイクはメイク、洗顔すれば元に戻ります。もちろん、一時的に二重まぶたを作りたい、なってみたいと試す意味では非常にオススメです。しかし、長期間で二重まぶたを作り続けるということは避けた方が良いでしょう。二重メイクの商品などは続ければ二重まぶたになれると表現されていますが、現実にはその可能性は極めて低いだけでなく、トラブルを引き起腰やすく、眼瞼下垂などまぶたを持ち上げることができない病気を誘発する可能性が極めて高いのです。
一重まぶたと二重まぶたの根本的な違いはまぶたの構造に違いがあり、テープや接着剤などを続けたからと言って二重まぶたになることはありません。

・手軽で誰でもできる
・試しでどんな印象か知ることができる

デメリット
メイクで二重まぶたを作る一番のデメリットは、やり続けることでさまざまな問題を引き起こすリスクが高く目を大きくしたいあなたの思いとは逆に小さくなってしまう可能性の方が極めて高いのです。
まぶたはすごく繊細なパーツ、ちょっとしたことで簡単に腫れたりします。メイクや接着剤などで皮膚にダメージを与え続けると肌表面の問題だけではなく、まぶたを持ち上げる筋肉にもダメージを与えてしまいます。
また、費用の面でも決して安くはありません。二重まぶたを作るために必要なアイメイク用品は4,000〜5,000円はするでしょう。年間で考えれば5、6万円程度かかってしまいます。さらにそれを何年続けても二重まぶたにはなれません。
・メイクに時間がかかる
・まぶたの皮膚に大きなダメージを与える
・一時的なもので二重まぶたになることはない
・洗顔すると直ちに取れる
・実は安価ではない現実

/美容外科・美容整形で二重まぶたを作る
美容外科で一番多い治療が「二重まぶたを作る方法」です。
二重まぶたは、まぶたの皮膚の折り返しの癖を作ること。メイクは皮膚の表面にテープや接着剤を使って癖をつけることで二重まぶたを作ります。それと全く違うのが美容外科による二重まぶたの作り方です。
美容外科における二重まぶたの作り方は、表面ではなく、まぶたの中に直接癒着を作ることで皮膚を折り返しの癖を作って二重まぶたを形成します。
その癒着の方法には、糸で止める方法と、組織に癒着によって作る方法、2つの方法があるのです。

メリット
メイクで二重まぶたを作る方法のメリットは手軽さだけです。メイクはメイク、洗顔すれば元に戻ってしまいますが、美容外科で二重まぶたを作ると元には戻りません。また、メイク等で二重まぶたを作るというのは毎日の時間やさまざまな病気やトラブルを引き起こすリスクが極めて高く、美容外科で二重まぶたを作る方法の方がはるかにトラブルを引き起こしにくいものなのです。
・仕上がりが自然
・取れない永久の二重まぶたになる

デメリット
美容外科で二重まぶたを作る場合のデメリットは、手術の失敗、思っていた仕上がりと現実との相違、手術後のダウンタイムなどです。
しかし、これらのデメリットは十分に回避できるデメリットですので二重まぶたになりたい、手に入れたいという方はメイク等によるセルフ二重まぶたではなく、本格的な二重まぶたを手に入れることをお勧めします。
・元には戻せない
・ダウンタイム等がある
・費用面で最初に発生する