二重まぶたの治療案内
二重のトップ> 二重まぶたの作り方 > 眼瞼下垂法
二重まぶたの作り方
埋没法マイクロカット法部分切開法目頭切開法上眼瞼切開法眼瞼下垂法


眼瞼下垂法

黒目を大きくしたい、目をもう少し開きやすくしたい、なんとなく眠そうなまぶたを改善したい。こういった場合は眼瞼下垂の治療が適しています。また、眼瞼下垂の治療後は偏頭痛や肩こりの改善にもつながるサプライズがあります。

眼瞼下垂って何?

眼瞼下垂は、まぶたを持ち上げる筋肉がなんらかの原因によって弱っていたり、持ち上げる筋肉とまぶたとがしっかりとくっついておらず、いわゆる"あそび"が大きいためにしっかりと目が開いていない状態を言います。先天的に眼瞼挙筋(まぶたを持ち上げるための筋肉)の機能がない場合や機能が弱っている場合を先天性眼瞼下垂症といい、加齢とともに筋肉が伸びてしまったり、持ち上げるためのあそびが大きく、しっかりと開けないものを、後天性眼瞼下垂症もしくは腱膜性眼瞼下垂症と呼んでいます。
腱膜性眼瞼下垂症の主な原因として、加齢以外に長期のハードコンタクトの使用・長時間のパソコン、テレビゲーム・アトピーなどで目を酷使したり、擦る・よく泣くなど日常生活の何気ない動作で引き起こすことも指摘されています。また、最近では不慣れな医師による二重の治療後(特に多いのは埋没法)に起こすケースも急増しています。

腱膜性眼瞼下垂のチェックポイント

肩こりがある
偏頭痛がある
昔に比べ目が小さく感じる
額のシワが多い
上まぶたが凹んでいる
まぶたが重い
夕方になると額部分が痛くなる。違和感がある
目を酷使していると目の奥に痛みを感じる
目をよくこする
眼精疲労が強い
二重の手術後、上記の症状が強くなった

眼瞼下垂治療の分類

・偏頭痛、肩こり、目の奥の痛みなどの治療を目的とした眼瞼下垂治療
・目の開きを調節し、美容的な二重まぶたを目的とした眼瞼下垂治療
があり、それぞれ目的が違います。当院では美容を目的とした意味での眼瞼下垂を専門としておりますのでご希望の目元の仕上がりをお約束致します。

眼瞼下垂の治療でできること

・二重まぶた
・黒目を大きくする
・偏頭痛の改善
・まぶたの凹みの改善
・額のシワの改善など

まぶたと頭痛の関係

まぶたを持ち上げる筋肉が何らかの原因により伸びて開きにくくなった場合、体は代償的にしっかりと開こうと額の筋肉(前頭筋)を使って目を開けようとしてします。こういった状態が常に繰り返されると前頭筋は常に緊張した状態になり、完全に前頭筋の補助によって目を開けてしまう癖がついてしまいます。前頭筋やまぶたの中のミューラー筋というのは交感神経系に作用しており常に緊張することで交感神経になんらかの障害をもたらすのです。その症状として偏頭痛や肩こりが指摘されています。
※安易に糸を挙筋に固定する埋没法(挙筋固定)ではさらに悪化させます。

まぶたの凹みについて

多くのクリニックでは上まぶたのくぼみに対して脂肪を注入する治療をおこなっていますが、まぶたへの負担を考えると決して正しい治療の選択とは言えません。腱膜性眼瞼下垂の治療(挙筋前転法)で凹みを改善させることができますのでご安心下さい。

眼瞼下垂の各治療法 【挙筋短縮法】

挙筋短縮法には表面からのアプローチと内側からアプローチの2通りの手術法があります。しかし、短縮法は挙筋を縫い合わせたり、離断や切除して直接処理してしまうため、ミューラー筋への負担が大きく美容的な目的で選択するにはリスクが大きすぎます。そういった問題を納得した上での治療であれば問題はありませんが、詳細まで説明している医師は非常に少ないのが実情です。そのため、前転法で改善の見込みが無い場合や、重度の下垂症で著しい開瞼障害を伴うなどの本来の下垂治療としての目的で選択する手術方法です。
表面を切らない結膜アプローチによる下垂法について



【挙筋前転法】

まぶたを持ち上げる為の筋肉が後天的に緩んでしまったり、まぶたを持ち上げるときに支持されている瞼板と筋肉とが外れてしまった状態を改善させるために、再度瞼板に固定する手術方法です。筋肉に一切傷をつけること無く、生理的で自然な開瞼状態に戻すこの手術は、非常に高度な技術を必要とします。信州大学形成外科の松尾教授が提唱した手術で"松尾式挙筋前転法"とも呼ばれています。
実際に美容外科でこの手術を行えるクリニックは非常に少なく当院では、信州大学についで、手術症例数が非常に多い有数のクリニックとして評価されています。また、さまざまな症例経験から内部の靭帯だけを処理して、開き具合を調節する細かな方法での治療にも対応しています。

【筋膜移植法】

挙筋そのものに障害があり、通常の開瞼に問題のある場合に用いる手術方法です。太ももの部分の筋膜をまぶたに移植し、しっかりと開くことができるようにする治療です。保険で治療が可能ですが、状態によって入院を必要とする場合がございます。その場合、入院施設の整った大学病院などでの治療になります。


【挙筋前転法】手術までの流れ

Step.1…カウンセリング

まぶたの状態を院長が時間をかけて丁寧に診察します。ご希望の二重の幅や、形などお伺いし具体的にどういった方法で治療するのか、適切にアドバイスいたします。保険診療の適応と判断した場合は、提携の眼科で視野検査を含めた総合診断が必要となります。

Step.2…手術の申込・血液検査

カウンセリング当日の手術はおこないません。手術に緊急性はありません。ゆっくりと考えることも大切です。ご希望の場合、当日血液検査を受けていただくことは可能です。

Step.3…手術当日の再度カウンセリング

来院したらすぐに手術室ということはありません。再度、二重の幅、形を確認し、仕上がりに応じてシミュレーションをし、確認したうえでデザインを含めおこないます。

Step.4…手術

眼瞼下垂の手術は短時間で終わるものではありません。当院では時間をかけ、細部まですべて処理します。また、腫れないよう慎重に行います。

Step.5…安静

手術直後は安静が必要です。別室でクーリングしながら30 - 40分は休んでいただきます。

Step.6…帰宅

当日は普通にご帰宅いただけます。ただし、ご遠方の方の場合は、ご希望に応じて入院、もしくはホテルの手配を致します。

術後の傷及び創部の状態について

当日
術中に麻酔を使用していますので著しい痛みはありませんが、手術後3 - 4時間程度で痛みが徐々に出現する場合があります。処方されたお薬を指示通り服用下さい。腫れは基本的に麻酔による腫れですので著しいものではありません。冷やすことで腫れを抑えることができますので、「手術後のケア」を参考にし、指示通り安静を保って下さい。
1日後
手術後、最も腫れている状態です。開き具合についても違和感があります。内服を処方していますので、著しい痛みはありませんが、鈍痛を伴う場合があります。通常、内服後20 - 30分で痛みは消失します。
3 - 4日
シャワー、洗顔など可能です。「手術後のケア」参照。前日に比べ少しずつ腫れは落ち着いてきます。痛みはありません。
5 - 6日
さらに腫れは落ち着き始めます。6 - 7割程度の方は80%程度の腫れは改善しています。まぶたの開き具合も違和感なくできるようになります。
7日後
創部を縫合している糸を部分抜糸します。
10日〜2週間
縫合している全ての糸を抜糸します。腫れについては80 - 90%改善しています。
3 - 4週間
手術の傷の部分が薄いピンク色になっている場合もあります。腫れはほとんど気になることはありません。
2 - 3ヶ月
傷のピンク色については徐々に薄くなり、自然な肌色になります。

腫れ

不自然な腫れに関しては通常、4 - 5日程度です。

痛み

術後から著しい痛みはありません。鈍痛に関しては1 - 2日で治ります。また、内服で十分コントロールできます。

傷について

一時的な傷の赤みはありますが、傷は決して目立つものではありません。

日常生活での問題点について

食事について

特に制限はありません。

サプリメント

ビタミン剤に関しては一部服用を制限させていただく場合がございます。

洗顔・メイク

翌日から洗顔、メイクが可能。

シャワー・入浴

シャワーは翌日から可能。入浴は抜糸後から可能。

飲酒・タバコ

治療後4 - 5日は控えて下さい。

スポーツ

激しい運動に関しては2週間は禁止。

その他

術後はしばらくの間、パソコンや長時間の読書など目を酷使することは控えて下さい。

アフターケアについて

術後の通院について

翌日……傷を最小限にするための処置を行います。
7日後……抜糸。場合によっては、全てではなく部分的な抜糸になります。
10 - 14日後……すべて抜糸します。
1ヶ月……経過を診るために診察致します。
3 - 6ヶ月……経過を診るために診察致します。

保障について

切開ですのでラインの消失はありません。しかし、幅や形状に関してはすべて保証対象です。しかし、ご自身の希望でのライン変更は有料となります。また、加齢による変化も有料です。

メリット&デメリット

メリット

・最も生理的に目の開き具合が調節できる。
・はれぼったいまぶたにも十分対応できる。
・美容的な改善だけではなく、偏頭痛や肩こりなども改善する。

デメリット

・切開を必要としますのでダウンタイムを生じる。
・傷が100%消えるわけではありません。

他の手術との併用について 【目頭切開との併用】

目頭切開との組み合わせによる治療は可能です。その場合、最初にラインを決める上眼瞼切開法からおこない、その後、目頭切開を行います。注意事項としては、やはり隣接する部位の手術ですので部分切開だけよりも、腫れを生じやすいとお考え下さい。

【鼻の手術との併用

鼻の手術(鼻を高くする、鼻先を細くする、小鼻の広がりを小さくする)との併用は可能です。目頭切開と同様にひとつひとつの手術に比べ腫れを生じやすいとお考えください。


QA埋没法に関してのよくある質問はこちら
埋没法に関してのご相談はこちらから


埋没法マイクロカット法部分切開法目頭切開法上眼瞼切開法
眼瞼下垂法結膜アプローチの下垂法
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.