二重まぶたの治療案内
二重のトップ > 二重まぶたの作り方
眼瞼下垂法 >表面を切らない結膜アプローチによる下垂法
二重まぶたの作り方
埋没法マイクロカット法部分切開法目頭切開法上眼瞼切開法眼瞼下垂法


表面を切らない結膜アプローチによる下垂法について

表面を切らない結膜アプローチ 美容目的で、表面に傷が残らない内側(結膜側)からの手術を希望される方は少なくありません。これは、形成外科では昔から行われてきたスタンダードな方法ですが、現在はさまざまな問題を引き起こす可能性があるとして一般的には行われていません。
内側から行う手術は、まぶた内部の"ミューラー筋"という神経系に作用している大切な神経を、例外なく損傷させてしまいます。
現在、傷つけられたミューラー筋の神経系(偏頭痛、神経症など)への関与が重要視されており、また学会でも多く発表されています。ですから、美容を目的とした治療で今後の生活に大きなリスクを伴う可能性の高い治療法をあえてお勧めすることは美容外科医として私どもには理解ができません。ただし、先天性の下垂症や重度の下垂症で必須的治療であれば話は別です。
表面からの治療において、正しい術式や状態に合わせた適切な方法であれば傷が目立つことはありません。そのため当院では基本的には表面からの治療を行っております。

費用はこちらをご覧になってください
結膜アプローチによる下垂法に関してのご相談はこちらから


埋没法マイクロカット法部分切開法目頭切開法上眼瞼切開法
眼瞼下垂法結膜アプローチの下垂法
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.