目頭切開

目をパッチリ
TOP > 治療案内 > 目頭切開

目頭切開

パッチリ目元へと変わる

目頭切開

目の内側「目頭」の部分のまぶたの皮膚がかぶさっていることで、本来は大きな目であるにも関わらず小さく見えてしまっている方、蒙古襞が強く末広型の目元になっている方、目尻が上がっていないのに目頭側の皮膚がかぶさっていることでツリ目に見えている方。これらは蒙古襞が原因です。
目頭切開というのは蒙古襞を解除して皮膚の被さりを調整することで目元を優しげな印象に変えたり、これまで皮膚の被さりによって隠れていた白目をしっかりと出すことで、目の横幅が広がる「目を大きく見せる」美容外科手術です。



目頭切開とは

目頭切開というのは目と目の内側「目頭」部分を切開して、蒙古襞を解除すること。蒙古襞を解除することで、これまで皮膚の被さりによって隠れていた白目部分がしっかりと露出するため大きな目元の印象に変わるだけではなく、目と目の距離も短縮された印象へと変わります。また、ツリ目で表情のキツイ印象だった目元が、表情豊かな優しげな印象へと変わることができます。
私たちの目頭切開は一般的なZ形成でもなく、W形成でもありません。「ハーフZ形成」と言ってデザインの工夫によってZ形成のデメリットを改善した目頭切開を受けて頂けます。もちろん、希望する状態によっては従来のZ形成やW形成が望ましい方もお見えになりますが、基本的にはほとんど方がハーフZ形成による目頭切開で対応することができます。具体的な目頭切開の治療適応については診察で判断できることですのでお気軽にご相談下さい。

「Z形成」
目頭部分をZの形で切開を加えます。W形成に比べ切開する範囲が小さいため傷が目立ちやすいのですが、目頭の下側の位置に傷ができてしまうデメリットがあります。

「W形成」
目頭部分をWの形で切開を加えます。Z形成に比べ切開する範囲が大きくなるため傷が目立ちやすいのがデメリットの一つです。



私たちの目頭切開

私たちにしかできないこだわりの目頭切開をご紹介します

自然な仕上がりへのこだわり

目頭切開は術式の判断、デザインによって不自然さが際立ちやすいため医者の経験と技術・センスが要求されます。私たちは一般的なZ形成だけではなくハーフZデザインで仕上がりの自然さにこだわっています。

傷跡を目立たせない

顕微手術による正確な縫合、ハーフZ形成による傷跡を目立たせないデザインで本来目立ちやすい目頭切開の傷を目立たせなくしています。

痛みの緩和へのこだわり

目頭切開部分の麻酔は痛みを感じやすいため使用する注射針には34、36G針を用いるだけでなく薬剤の浸透にも強い痛みを感じさせない工夫を凝らしています。

目頭切開の特徴・効果

Feature& Effect

目頭切開の効果は蒙古襞を解除することで今まで隠れていた目頭部分の皮膚の被さりがなくなり目そのものが大きく見えるようになります。また、目と目の距離が短縮される印象に変わるため、目と目の距離が長いという方はその悩みも解消することができます。

このような方にお勧め

・目と目の距離が離れているのを解消したい
・目頭側の白目を大きく見せたい
・二重まぶたのラインを美しくしたい
・蒙古ひだを切除して緩やかな平行型にしたい
・目をパッチリと大きな印象に変えたい

全切開概略

手術時間

60分

通院回数

翌日/抜糸/経過診察/最終チェック

抜糸

7日

メイク

抜糸の翌日から可

洗顔

患部を濡らさなければ当日から可

シャワー・入浴

シャワーは当日から可、入浴は腫れが落ち着いてから

目頭切開は単独での治療も可能ですが多くの方は、埋没法や全切開、眼瞼下垂など二重まぶたの手術と同時に受ける方が多いため単独の治療と比べると腫れがより強くなってしまいます。しかし、私たちは腫れの強さ、期間を最小限に止める目頭切開を実施しています。 また、目頭切開のトラブルで多いのが目立ちやすい傷跡。私たちはハーフZ形成で一般的なZ形成と比べより傷跡を目立たせない目頭切開を行っています。お気軽にご相談下さい。

目頭切開の注意事項

Double Eyelids Notes

目頭切開の問題点
目頭切開の問題点で一番多いのは「傷跡」です。蒙古襞による皮膚の解除をおこなったとしても開閉による皮膚の伸展などによって傷跡が出来やすい、残りやすいなどの問題を抱えています。また、目元の印象が大きく変わることもありますので目頭切開を受ける方はより慎重になることをお勧めします。

(傷跡、瘢痕)
切開線部分というのは傷として残りやすいのできちんとした処置などの対応、内服コントロールが重要です。慶友形成クリニックでは傷跡に対する処置や内服コントロールにも力を入れており、術後のフォローも充実した体制を整えています。

(不自然さ・過剰な切開)
目頭切開は過剰な皮膚の切開は不自然さを強調してしまう可能性もあるため十分な注意が必要です。当院に目頭切開の修正で来られる方の多くは過剰な切開によるもので、修正には困難を要することも少なくありません。リドレープや目頭再形成などで一定の修復は可能ですが、本来は修正をせず一度で済ませるべき手術です。

目頭切開の流れ

Operation FLOW

目頭切開でまぶたのたるみが解消されるまで

(1)カウンセリング
診察・カウンセリングで目頭・目元の状態を診させて頂き、具体的な治療法、リスクや術後の経過等をご説明いたします。カウンセリングのお時間は概ね30、40程度です。初めてのカウンセリングですと緊張しているかもしれませんが、私たちに気を使う必要はございません。お知りになりたいこと、疑問や不安なことなどございましたら遠慮なくご質問下さい。

(2)各種検査
目頭切開を受けていただくためには血液検査が必要です。血液検査はご要望がございましたらカウンセリング当日に受けて頂くことも可能です。血液検査の結果は5、6日程度のお時間を頂きますので手術の日程はそれ以降でのお申込みとさせて頂きます。

(3)目頭切開の治療
目頭切開を受けて頂く当日はそのまま手術室に入室するのではなく、最終確認のため再度打ち合わせをいたします。その後、手術室に入室して頂きます。
目頭切開の手術そのものは60分程です。術後は状態観察のため別室でお休み頂き、止血等をチェックし、問題がないことを確認しご帰宅していただけます。

(4)傷跡のケア
目頭切開の翌日は傷跡の処置をさせて頂きます。お時間は10分程度かかります。創部は開放状態ですが、洗顔等は普通にしていただいても問題ありません。お渡しする注意事項の用紙を参照し、消毒等を行なって頂きます。

(5)抜糸
目頭切開の手術後7日目に縫合している糸を抜糸します。抜糸のお時間は20分程度を見て下さい。抜糸は皮膚を傷つけたりする訳ではありませんが、糸を少し引っ張ったりすることで若干ですが、痛みを感じることがあります。 抜糸後は特に処置をする訳ではありません。

(6)赤み(紅斑)の持続
眉毛の下の切開線は抜糸の頃は紅斑といって赤みのある状態です。この赤みは切開によって生じた一時的なものです。早い人で数週間、通常は2、3ヶ月程度で落ち着きます。特に何か処置が必要な訳ではありませんが、紅斑が気になる方はメイク等で隠すことができます。

(7)最終チェック
目頭切開の術後、2・3ヶ月後に診察させて頂きます。傷跡、仕上がりの状態、目頭切開の満足度を確認させていただき、特に問題がなければ終了です。

目頭切開の費用

Medical Bills

目頭切開でかかる実際の手術費用

目頭切開の費用でかかる治療費用の総額、仕上がりまでにかかる費用は以下の通りです。

初診料

3,000円

血液検査

6,000円

手術費用

200,000円

総合計

209,000円


これが目頭切開を受けて頂く費用の総額です。術後検診費用等も全て含まれています。上記は全て税抜き価格です。当院では"〜"のように個々に応じて料金が加算されたり、オプションと称して追加費用が発生することはありませんのでご安心下さい。

さらなる美しさを求めて

Effective Beauty

目頭切開は大きな目元の印象に変わることができる美容整形手術です。目頭切開によってキレイになったあなたにさらにおすすめするのがベビーセルです。ベビーセルはあなたの肌をキレイにし、老いを遅らせるだけでなく若返り効果にも優れた特別なスキンケア。目頭切開でキレイになったあなたに受けていただきたいスキンケアです。

ベビーセル

〜 肌を根本から若返らせる 〜
あなた自身の細胞を使った肌を根本的に若返らせることができる肌の再生医療『ベビーセル』。アンチエイジングは新しい時代へと進化を遂げています。あなたの未来の素肌をベビーセルに委ねてみませんか。

 ベビーセルの詳細