小切開

二重まぶたになる
TOP > 治療案内 > 小切開

小切開

あなたの想い描く理想の二重まぶたを手に入れる!!

小切開(部分切開法)

二重まぶたにしたい。今の奥二重の幅を広げてもう少しパッチリとした目元になりたい。多くの女性が憧れる「二重まぶた」、メイクで美しくみせることも大切ですが、そのメイクをより輝かせて美しい目元に変わることができるのが美容整形による「小切開」です。メイクのベースとなる状態が一重まぶたと二重まぶたとでは全く違う美しさを表現することができます。
あなたが想い描く理想の美を求めるなら美容整形も選択肢の一つ。目元の印象が変わるだけで気持ちも代われるのなら美容整形も悪くありません。「二重まぶたになりたい」、「二重の幅を広げたい」。その想いが大きくなったら私たちにご相談下さい。あなたにとって最適な二重まぶたになれる方法をご提案いたします。



小切開とは

小切開というのは二重まぶたの切開法の一つ。全切開のようにまぶた全体に広い切開を加えるのではなく、部分的な切開で二重まぶたを形成する代表的な二重まぶたの整形手術です。全切開のように広い切開ではないため傷跡が最小限で済ますことができるということ、腫れが少ないというメリットがあり切開に抵抗感のある方などには人気が高い方法です。 ただし、全切開に比べ組織間の癒着は少ないため、ライン消失の可能性があり

埋没法 > 小切開 > 全切開 (中央寄せ、文字太く)


といった位置付けの二重まぶたの治療法とお考えください。
とは言え、最小限の切開で済むため傷跡が少なく、腫れも非常に少なく長期化しないことからお勧めの二重まぶたの方法です。

具体的な方法としては、まず切開する部分に局所麻酔を施します。麻酔薬が十分に浸透し効果が現れたら部分的な切開を行います。そうして瞼板前組織等を取り除き瞼板とまぶたとを糸で固定して二重まぶたを形成します。ラインを確認し問題なければ傷を縫合し小切開は終了です。

私たちの小切開

まぶたのたるみを解消する

自然な仕上がりへのこだわり

二重まぶたの仕上がりで一番大切なこと。それは仕上がりの自然さと美しさです。私たちはデザインを重視し自然な美しさを奏でる二重まぶたを形成します。

傷跡を目立たせない

小切開といっても埋没法のように傷が消えるわけではありません。ですので私たちは傷跡を目立たせない努力を怠りません。

凹みを最小限に抑える

小切開で問題となるのが部分的な組織の除去による凹み。その凹みは不自然になりかねません。私たちは治療適応の正確な診断、凹みを最小限に抑える治療を提供しています。



小切開の特徴・効果

Feature& Effect

小切開(部分切開)は数ミリの皮膚を切開することで皮膚と瞼板との間に癒着を作り二重まぶたにする美容外科手術です。埋没法のように糸で固定するのではなく、癒着によって二重まぶたを形成するのでライン消失のリスクが非常に少ないのが小切開の特徴の一つです。

このような方にお勧め

・一重まぶたを二重まぶたにしたい
・二重まぶたの幅を広くしたい
・取れにくい二重まぶたを手に入れたい
・ダウンタイムがあまり長く取れない
・大きな切開が嫌な方

小切開概略

手術時間

90分

通院回数

翌日/抜糸/経過診察/最終チェック

抜糸

5〜7日

メイク

抜糸の翌日から可

洗顔

患部を濡らさなければ当日から可

シャワー・入浴

シャワーは当日から可、入浴は腫れが落ち着いてから

小切開の注意事項

まぶたのたるみを解消する

小切開の注意事項

(仕上がりの自然さ)

小切開で一番大切なのは自然で美しい二重まぶたです。いくら二重まぶたになったとしても不自然で似合わない二重まぶたに仕上がってしまえば後悔しか残りません。また、小切開は切開という性質上、元に戻すこともできません。
私たちが二重まぶたの手術で一番重要視していること、それは自然な仕上がりです。そのために何よりカウンセリングを重視しています。あなたの想いを正確に把握し、術後に後悔することのないよう常にあなたの気持ちに寄り添い治療にあたります。お気軽にご相談下さい。

(傷跡)
小切開は数ミリですが切開を加える外科手術です。切開する以上、傷跡を残すリスクがあります。しかし、私たちは傷跡を目立たせない工夫があります。

(凹み)
部分切開の一番の問題が切開部周囲の凹みです。全切開の場合、広範囲に均等に組織を除去できるので凹みは引き起こしませんが、部分切開の場合、範囲が限られ得ることで不自然な凹みのリスクがあります。私たちは凹みのリスクを低くするようさまざまな工夫を凝らした小切開を行っています。

(ライン消失のリスク)
小切開による二重まぶた形成は、切開を加えますので癒着が強くなります。しかし、全切開に比べるとその範囲は小さいためライン消失のリスクが100%無いということではありません。埋没法と比べればはるかに少ないのですが、やはり全切開に比べると癒着の程度は小さくなります。私たちは癒着をしっかりと起こすよう固定法などに工夫を凝らした小切開を行っています。

小切開の流れ

Operation FLOW

小切開でまぶたのたるみが解消されるまで

(1)カウンセリング
診察・カウンセリングであなたの希望する二重まぶたをお伺いし、目元の状態を診させて頂き、具体的な治療法、リスクや術後の経過等をご説明いたします。
カウンセリングのお時間は概ね30、40程度です。初めてのカウンセリングですと緊張しているかもしれませんが、私たちに気を使う必要はございません。お知りになりたいこと、疑問や不安なことなどございましたら遠慮なくご質問下さい。

(2)各種検査
小切開を受けていただくためには血液検査が必要です。血液検査はご要望がございましたらカウンセリング当日に受けて頂くことも可能です。血液検査の結果は5、6日程度のお時間を頂きますので手術の日程はそれ以降でのお申込みとさせて頂きます。

(3)小切開の治療
小切開を受けて頂く当日はそのまま手術室に入室するのではなく、仕上がりの幅や形状の最終確認のため再度打ち合わせをいたします。その後、手術室に入室して頂きます。小切開の手術そのものは60分程です。術後は状態観察のため別室でお休み頂き、止血等をチェックし、問題がないことを確認しご帰宅していただけます。

(4)傷跡のケア
小切開の翌日は傷跡の処置をさせて頂きます。お時間は10分程度かかります。創部は開放状態ですが、洗顔等は普通にしていただいても問題ありません。お渡しする注意事項の用紙を参照し、消毒等を行なって頂きます。

(5)抜糸
小切開の手術後5〜7日目に縫合している糸を抜糸します。抜糸のお時間は20分程度を見て下さい。抜糸は皮膚を傷つけたりする訳ではありませんが、糸を少し引っ張ったりすることで若干ですが、痛みを感じることがあります。
抜糸後は特に処置をする訳ではありません。

(6)赤み(紅斑)の持続
小切開の切開線は術後2週間を過ぎた頃から紅斑といって赤みが出現することがあります。この赤みは傷の修復によって生じる一時的なものです。早い人で数週間、通常は2、3ヶ月程度で落ち着きます。特に何か処置が必要な訳ではありませんが、紅斑が気になる方はメイク等で隠すことができます。

(7)最終チェック
小切開の術後、2・3ヶ月後に診察させて頂きます。傷跡、仕上がりの状態、二重まぶたの満足度を確認させていただき、特に問題がなければ終了します。

小切開の費用

Medical Bills

小切開にかかる手術費用

小切開でかかる治療費用の総額、仕上がりまでにかかる費用については以下の通りです。

初診料

3,000円

血液検査

6,000円

手術費用

200,000円

総合計

209,000円


これが小切開を受けて頂く場合の費用の総額です。手術費用には術後検診費用、保証等も含まれています。上記は全て税抜き価格です。
当院では個々によって料金が変動する“〜”といったことは行いませんし、オプションと称して価格を吊り上げるような行為も行っておりません。どうぞご安心ください。

さらにあなたの美しさを引き出すために

Effective Aging

小切開で理想的な二重まぶたを手に入れたら、美しい素肌を手に入れたくなる方が多い。もちろん、美容整形は過度の治療や変化の繰り返しは危険ですが、美しい素肌は別。私たちが勧めるスキンケア「ベビーセル」は違います。

ベビーセル

〜 肌を根本から若返らせる 〜
あなた自身の細胞を使った肌を根本的に若返らせることができる肌の再生医療『ベビーセル』。アンチエイジングは新しい時代へと進化を遂げています。あなたの未来の素肌をベビーセルに委ねてみませんか。

 ベビーセルの詳細